ダイエット

ベストとベター

自分が中学や高校の頃得意だった科目は数学です。特別に計算が早い訳では無いのですが、テストではたいてい良い成績だったのです。

 

 大人になり社会生活で数学が何に役立つかと考えましたが、金利の計算くらいだと感じています。それも良く考えれば比較するのが大事な事で、厳密には数学的でないような気もします。

 

 数学が得意だった弊害も最近は感じています。数学は基本的には答えが一つです。英語で言うベストを常に訴求している感じなのです。世の中の森羅万象、毎回ベストにたどり着ける訳ではないのです。ベストを求める概念を捨てベターを追い求める事、或いはベストが導けるにも関わらずベターに落とし込む事が案外最善の策だったりするのです。